本文へスキップ
トップページ 大分東医師会の紹介 医療機関紹介 休日夜間当番医 予防接種について お問い合わせ 関連リンク
  
会長ご挨拶

大分東医師会ホームページをお訪ねいただきありがとうございます。

大分東医師会は大分市東部に位置する大在地区、坂ノ市地区、佐賀関地区の医師で構成された医師会です。私達が担当する地区には現在56千人の市民の皆様が居住され、0歳児から高齢者の方まで、多種多様の医療サービスの提供が求められています。私達は医療に関する新しい知識の習得のため毎月医療関係者の研修会を開催して、より良い医療の提供に努めます。また診療所と病院の間で定期的な情報交換を行い、精密検査、入院紹介など顔の見える医療連携を行います。大分市から委託されている予防接種、健診、学校健診を含めた学校医活動、特定検診、各種がん検診、在宅当番医業務など保健、福祉、介護の各種市民サービスにも積極的に協力します。

私達は市民の皆様から信頼され、期待される医療を日々提供してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

澤口 博人
大分東医師会の歴史

前身の北海部郡医師会

昭和29年4月

臼杵医師会より分離独立し社団法人北海部郡医師会として発足

昭和36年4月

日曜当番制発足(大在・坂ノ市)

昭和42年9月

集団災害対策本部設立

昭和49年4月

北海部郡医師会創立20周年
記念パーティー・記念誌「和」発刊

平成 2年4月

社団法人大分東医師会に名称変更

平成 5年2月

大分東医師会、国立大分病院(現 大分医療センター)
オープンシステム協定

平成10年3月

大分東医師会事務所開設

平成12年3月 大分東医師会10周年記念誌発刊
平成25年4月

一般社団法人大分東医師会に名称変更


医師会の紹介